日産セレナ 鍵製作

親戚の知り合いの方が、日産セレナの鍵を

紛失してしまったそうで、当店に 鍵製作依頼が入りました。

場所は うるま市です。年式等、鍵の特徴を訪ねると、

どうやら イモビライザーはなさそうです。

出動です。現場へ到着して、セレナのメーターや、ドアの

鍵穴周辺を観察します。やはり、イモビはなさそうです。

鍵穴を覗いて,ピッキング。

配列的に、やりやすい物になっていました。

解錠後、段差もわかりやすくて、すぐに終わるだろうと

思っていました。私は日産車の鍵製作はまだ少ないです。

キーブランクを削り、鍵穴にさします。

おや、回らないぞ。読み間違いか?と思い、

他のパターンを試しますが、できません。

全然回る気配がしません。やむなく、

シリンダーを取り出して、番号から、キーブランクを

削ります。おかしな事に,私が最初に読んだ、段差と

同じでした。削られぐわいが悪かったのかな?

と思い、丁寧に削ります。よし、終わったぞ!!

と思って、鍵穴に鍵をさします。しかし、回りません。

どうなってるんだ?と驚きました。

調べていて、気づきました。サンプルキーが

11タンブラーになっていて、それに気づかず削っていたのです。

改めて、削り直して 無事完成しました。

ご依頼ありがとうございました。