グラストラッカー鍵/知花

沖縄市の知花で スズキのグラストラッカー250ccの鍵紛失の

製作依頼を受けて出動。古い車両とのことです。

現場へ到着。イグニッションキーシリンダーを覗くと

7ピン? か8ピンに見えました。M398のキーブランクを入れると

入ったので、M398 だと思われます。そしてM398なので7ピンなはずです。

もう一度 本腰(本眼)を入れて覗きます。そして脳が次第に鍵穴に慣れてきましたが

ピンが古くて 段差を読み取るのが難しい事がわかってきました。

奥のピンを覗き込もうと 手前ら辺の ピンを押していると、押したピンが

戻らなかったりします。手こずりながらも 読んだキーでブランクを削ってみます。

それで回そうとしますが 全然回りません。

これは長引きそうな予感です。なのでイグは置いといて、

ガソリンキャップを覗きました。そこは4ピンありました。

ガソリンキャップは オイラのデーターでは5ピンだと思っていました。

今度は メットインホルダーを覗きました。そこは5ピンありました。

オイラのデーターでは4ピンだと思っていました。

とりあえずメットインホルダーの鍵穴から鍵穴を作ることにしました。

ピンはキレイで 段差も読みやすなっていました。5ピンの段差を削って

試して見ると、無事回りました。ガソリンキャップの鍵も回りました。

しかしもちもんそれだけではメインのイグニッションキーは回りません。

なぜなら、そこは7ピンあるからです。

再びそこを覗いて、なんとか 

手前の2ピン段差を読みます。それを追加で削って無事 メンキーも回りました。

ご依頼ありがとうございまし。