カギセンター安慶田/鍵屋ブログ(宇宙


沖縄市/うるま市/北中城村/北谷町/嘉手納町 出張鍵屋


カギセンター安慶田

098-939-1888

↓携帯電話/スマートフォンからはこちらをクリック


 内鍵インロック 

こちらをクリック


内鍵 インロック 鍵製作

イモビライザーキー 一部対応

防犯 鍵交換 引っ越し時や鍵紛失の為今ある鍵で開かないようにしたい時。

バイクの鍵開け製作

店舗 沖縄市安慶田では合鍵複製/シリンダー持込製作


カギセンター安慶田/安慶田サイクル

沖縄市安慶田1-28-29

鍵出張 年中無休

店舗の開店は,月曜日〜土曜日 営業時間:10:00〜20:00


店舗の地図や

↓合鍵作成(複製/スペアーキー)詳しくは コチラをクリック


↓NEXTブログ トップページは

   コチラをクリック

宇宙と神と超進化人類/鍵屋ブログ


宇宙の全ての仕組み〜脳の融合と神!!

2018年8月16日 執筆)

へとへとだけど

しばらくブログを書いていなかったので、  

意識がもうろうとしながら、  

なんとか、力を振り絞って 書いている次第でございます。

 

(書きたい様に自由に書きます。 つまり、脳の解放です)  

おそらく、まれに見る、 変なプログになるでしょう。  

 

オイラが望む未来は、

世界中のあらゆる言語をマスターした、

(言語マスター)

超進化系の人類が誕生する事です。

(あらゆる言語のいいとこ取り!!)  

 

そんな事は不可能だよ、

と おっしゃる方もおられると 思いますが、  

例えば、記憶に関しては、

脳にコンピューターチップを 直接埋め込めば、

脳の拡張が 行えると思うのです。  

 

脳の神経回路は、 電気信号なので、

コンピューターチップとも つなげる事ができるはずなのです。  

 

いずれ、携帯電話の 最終進化携帯は、

脳に直接埋め込む 事でしょう。  

 

そうなれば、テレパシーの様に 遠方の人とも、

言葉を介せず、 脳同士で、直接 会話をする事になるでしょう。

(言語を超えた会話。   つまり、言葉の縛りを超えた、  

 イメージの やり取りによる100%伝わる会話  

 なので、動物とも会話ができるようになります)  

 

そして、インターネットの様に、

世界中の人の脳が、自由に情報交換できる様になり、  

やがて、脳同士の融合が始めるでしょう。  

 

全人類の脳が、

一つの超巨大な脳に合体するでしょう。  

 

そして、知能レベルがMAXに達し、

(アインシュタインとエジソンと  

 藤井聡太と ずる賢い政治家を足して、  

 さらに その1000万倍の知能)  

 

そこまで来ると、

宇宙の全ての仕組みを理解するでしょう。  

 

そして、 神に匹敵する存在になります。

 

 

 

 

人間は本当に自分の意思で考えているのか?

2017年9月6日作業)

9月に入り、

少し暑さが和らいできましたね。  

 

なんとか

今年の夏も乗り越えられそうです。  

 

暑さで 半意識?状態でしたが、  

体が覚えている行動プログラムパターンに身を任せ

自動操縦モードで動いていた気もします。

 

いろいろな最新科学情報によると、

人間は自分の意志で判断して

動いていると思っていますが、  

 

殆ど 脳が自動で動いているものを

自分の意志、判断だと思い込んでいるに

すぎないかもしれないのです。  

 

例えば、

手を動かして みかんを取ろうと、

動かした時、

 

それは自分の意志で動かしたと

思っていますが、  

 

実は自分の意志(意識)より先に、

手は動いているらしいのです。  

 

脳が自動で動いているものを、

自分の意志で動かしたと

思い込んでいるのかもしれないのです。  

 

自分の意識、

魂と思っているものは 体、

心全体の、

 

ほんの一部に

すぎないのかもしれないのです。   

 

 

 

 

 

科学と精神の融合

2021年11月12日執筆)

オイラの 予想(妄想)ですが  

今後 数百年の 人類の道は2つだと思います。  

 

1つは 滅びるか、もう1つは

新たな段階に進化するか です。  

 

その進化は おそらく

科学と精神が 融合していくと思われます。  

 

精神を 物質として 物質を精神として

扱う事ができる様になるでしょう。

 

心を データーとして 扱える様になるでしょう。

(最終的に 肉体がなくても 時空を移動できる。

 やろうと思えば 死んだ人も 宇宙空間から

 データーを取り出して 復活できる)  

 

一体その時 何が起きるのか

 

宇宙の仕組みと、自転車

2022年9月23日 執筆)

 

最近のオイラは、  

 

宇宙の仕組みは 自転車で

説明できるのでは?  

 

と 思ったりします。  

 

例えば、パンクをしていないか

チューブを膨らませて(膨張させて)

水につけて 調べる時。  

 

その時に出てくる泡。

無数に出てくる泡の

その 1つ1つが、1つの 宇宙なのです。

 

 (もし アインシュタインが 生きていて  

 彼に その事を 言うと  ニャッ と 笑い    

 舌をニョロと出す様子が   浮かびます) 

 

 

自転車パンクとブラックホールの誕生

2019年4月24日執筆)

 

沖縄市の安慶田サイクル店舗へ戻ると、

自転車のパンク修理で お客様ご来店。  

 

タイヤ・チューブに

見事に穴が 開いていました。 

まるで、ブラックホールだな。  

と思いました。  

 

タイヤ・チューブ交換して 完了。    

 

ところで、  おそらく、物理学者や、

頭の良い人たちは 宇宙について、

複雑に考えがち ですが、  

 

ブラックホールなんて、

チューブに開いた穴 みたいなもの なのかもしれません。  

 

そして、おそらく、

チューブに穴が 開いた瞬間(パンクした瞬間)、

 

それと同時に

 

宇宙のどこかで

 

ブラックホールが誕生しているのです。

 

 

 

全人類の脳、とコンピューターの融合

2017年7月14日執筆)

 

ブログのデーターは

どこかにある凄い巨大なHDDに

記録され歴史に残されるのです。  

 

その巨大なHDDを小型化して

人間の脳に埋め込み 配線をつなぎ

コンピューターと脳神経の電気信号を 共有させるのです。  

 

脳から出ている配線を 定期的に

ネット回線につなぎ、

新しい情報を 取り入れればいいのです。

 

一人一人が超巨大な情報の 共有で、

意識は 一つになっていくのです。  

 

全人類の脳、そしてコンピューターを 合体させ、

超凄い何かになるのです。  

 

その時 人類は 神に匹敵する 存在になるかもしれません。

 

 ※オイラノ脳内妄想デス。

 

 

間もなく、宇宙人が助けに来ます。

2020年7月29日作業)

 

新コロ 沖縄県でも

また増え始めていて

 

「地球マジ ヤベェんだけど」

と思う今日この頃です。  

 

しかし、オイラの妄想では  

間もなく、宇宙人が 助けにくるかもしれません。 

その宇宙人は ※天の川銀河在中

太古の昔から 地球人を観察していて  

※地球は 野生動物保護惑星に指定されているらしい。  

 

宇宙人的には、基本、地球環境に手を加えたり

地球野生動物 ※主に地球人 を、

助けたりは しない方針では ありますが  

 

今回ばかりは、見るにみかねて  

「地球人には 今回は ちょっとばかし 厳しいかな?」 

と、助けようか、どうか  

 

現在 様子見の段階のはずです。  

 

実は、過去にも

宇宙人は 何度か人類を助けた事があるのです。  

 

例えば、

野口英世も宇宙人でしたし(現在は星に帰った)

 

ナポレオン、エジソン、アインシュタイン、

ゴッホ、ベートーベン、徳川家康、

志村けんさん(コメディ担当 笑いで人類を楽しませた)

も 宇宙人でした。  

 

※現存では、藤井聡太さん, ひふみんさん,  具志堅用高さん,

  マツコデラックスさん 黒柳徹子さん、

  明石家さんまさん 等も 宇宙人です。  

 

基本、宇宙人達は、

宇宙環境が むやみに変わる事を

嫌がるので

 

地球人には、

自力で 頑張って欲しい と思っているのです。  

 

そして、 次の 我々と同じ

ネクスト ステージに 上がって欲しいと

願っているのです。

 

 

パラレルワールド〜分岐点を握る鍵〜

2020年2月9日執筆)

 

車(ホンダ ライフ)の

閉じ込め を してしまったので

開けて欲しいとの電話がありました。  

 

場所を訪ねると ○○ショップの泡瀬店との事です。  

出動です。○○ショップの駐車場に来て

車種とナンバーを 探しながら 一回りします。  

 

しかし、見落としたのか その車は見つかりません。  

 

依頼者に 電話をして 到着している事を伝えると

今、店舗入り口で 待っている との事です。  

 

オイラは、

(しまった。入り口で 待っていたのか。見逃してしまったな)

と 思い、作業車で入り口に向かいました。  

 

しかし、入り口で 持っている人の姿が ありません。  

 

もう一度電話をします。  

依頼者に 今店舗入り口前にいる事を伝えると、

依頼者も 店舗入り口にいる と おしゃられます。  

 

しかし 前には 見当たりません。  

 

同じ様な やりとりを繰り返します。  

 

そして ある事に 考えが至ります。  

 

はっ はぁ〜ん。

これは おそらく 平行して存在する別の世界

(パラレルワールド)の人物から かけている に違いない。  

 

重なり合う、もう一つの世界から

かけてきた携帯の電波が 時空のねじれによって、

この私のいる 世界に入り込んだ(混線) に違いない。  

 

さらに、やりとりを繰り返している内に、

真相がわかりました。

 

 ○○ショップの「泡瀬店」では なく

「うるま店」 だと 判明しました。

 

ご依頼者の間違いだったのです。  

 

ここから うるま店は

比較的 遠くは なかったのは 幸いでした。  

 

 

そして、今日 もう一件

パラレルワールドの分岐点に遭遇しました。  

 

沖縄市で ワゴンRの内鍵をしたので

開けて欲しい とのご依頼で 現場へ到着。  

 

ピッキングにて 解錠。  

お客様は 車内で鍵を探します。  

 

しかし 見つかりません。  

そして、鍵を作る事になりました。  

 

鍵穴から段差を読み、

キーブランクを 削ろうとした時でした。  

 

お客様が 「もう作っていますか?」

と おっしゃられました。  

オイラが見ると、 お客様が 申し訳なさそうに、

鍵を手に 持っていました。  

 

「ここに入っていました」 と、  

ジーンズの折り曲げた 裾の 

折り目の中を指差しました。

オイラは

「まさにパラレルワールドの分岐点 だな」

と思いました。    

 

オイラの考えでは、

地球の裏側にいる人物が オナラ を一つ しただけで、

世界の流れ、 歴史の流れは 変化していく と思っています。  

 

それは 一人の人物が、

一つの選択した ささいな行動により

一番最初に コロナウイルスに感染してしまった事のように。